【キャバ嬢の基礎】元No.1ホスト「城咲仁」さんに学ぶ接客術

【キャバ嬢の基礎】元No.1ホスト「城咲仁」さんに学ぶ接客術

( ‘A`)皆さま、ご機嫌いかがでしょうか?パスタに麻婆豆腐をトッピングするマーボーパスタにハマっている雨音ケロ美です。

今回は、大遊戯場・歌舞伎町でおよそ5年間にわたり、ナンバーワンホストとして栄華を極めた「城咲仁」さんのインタビュー記事を呼んでいて「おっ!」と思える箇所があったので、接客テクとして紹介したいと思います

売れっ子にとっては当たり前の内容かもしれませんが、これから頂上を目指すキャバ嬢にとっては、基本所作として身につけて行ったほうが良いかもしれませんよ。

参考記事:排水溝を舐めて土下座を練習。通販バイヤーとして再起した城咲仁の「虚勢を捨てた人生」|新R25 – 20代ビジネスパーソンのバイブル
URL:https://r25.jp/article/630321701405827111

城咲仁さんとは?

  • 21歳でホストデビュー
  • 新宿・歌舞伎町の「クラブ愛」というホストクラブで5年間にわたりNo.1に君臨
  • ホスト時代のMAX年収はおよそ1億円ぐらいと推測されている
  • 芸能界に進出、タレントとして活動
  • フードアドバイザーやテレビショッピングのバイヤーとして地位を築く
雨音ケロ美
一時期は、消えた消えたと言われておりましたが、現在は通販バイヤーとして億の売り上げを叩き出すなど、新たな輝きを放っているみたいですね。

【接客テク】ホストもキャバ嬢もお客様の前では何でもやる

【キャバ嬢の基礎】元No.1ホスト「城咲仁」さんに学ぶ接客術

売れてくると、おタバコに火をつけるのも、灰皿交換も、お酒をお作りすることも、すべてヘルプで付いたキャストたちが率先してやってくれます。

これはホストもキャバ嬢も同じですよね。

しかし、城咲仁さんは、たとえ安価なウーロンハイ1杯でも自分で作っていたそうです。お客様の前で。

そうすることで、「ナンバーワンが私のためにおを作ってくれている」という既成事実を作ると同時に、「ナンバーワンが作ったお」という付加価値をもたらし、プレミア化を促すことができるというわけですね。

キャバクラだってフリー以外は、指名キャスト目当てで足を運んでいるので、お客様からしたら「自分とキャストが主役」であり、それ以外は「その他大勢」でしかありません。

お客様は指名キャストとの時間にお金を落としているのであれば、それに対する対価をキッチリと提供(支払う)してあげるのが、売れっ子キャバ嬢としての努めというわけです。

まとめ

雨音ケロ美
1杯1,000円のお酒でも、指名キャストが作ればウン万円の価値を生み出すかもしれません。

価値を創造するのも接客のひとつでしょうか。

キャバドレス通販激安ランキング
【デイジーストア】迷ったらコレ!激安キャバドレス通販の決定版
31日間無料トライアルでドラマ、映画、マンガ、雑誌etc.「U-NEXT」
【Ryuyu】落ち着いたオンナを演出できるミドルライン